スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

レクサスの『HS250h』♪♪♪ 遂にハイブリットにも本格的に!!!

JUGEMテーマ:レクサス

レクサスハイブリットが発売しました♪
高級ブランドでお高く停まっているレクサスも、やはり一般市場で騒がれているハイブリットに力を入れ始めています。
では具体的にレクサス『HS250h』がどういうクルマなのか今回はご説明させていただきます。




レクサス(トヨタ自動車)は、ブランド初となるハイブリット専用モデル「HS250h」を7月14日から発売開始しました。
価格は395万円〜535万円。
HS250hは、エンジンへの吸入空気量を抑えながら空気を大きく膨張させるアトキンソンサイクルエンジン(直列4気筒DOHC 2.4リッター)に、モーター、リダクションギアを組み合わせたハイブリットシステムを搭載。
モーターのみの駆動、エンジン・モーター双方での駆動というように、状況に応じて高いエネルギー効率をシステムが制御することにより、10・15モード燃費では23.0km/Lを達成しています。
エンジン単体での最高出力は110kW(150PS)/6000rpm、最大トルク187Nm(19.1kgm)/4400rpmで、モーター単体では最高出力105kW(143PS)、最大トルク270Nm(27.5kgm)。
システム全体で140kW(190PS)を発生します。
また、低燃費と出力のバランスをとった通常走行モードに加え、HS250hではアクセル操作に対する駆動力と空調制御を省エエネルギー化し、燃費を最優先する「エコモード」、アクセル操作量に対する出力を増加し、加速性に優れた「パワーモード」、モーターのみで走行する「EVドライブモード」の3つの走行モードが選択できます。
さらに、燃費を向上させるアイテムとして、冷却水を排気熱で温めることでエンジン暖気時間を短縮する「排気熱再循環システム」、赤外線を約30%カットし、車内の温度上昇を抑えてエアコンの負荷を軽減する「IR(赤外線)カットガラス」、省電力化でエンジンの発電負荷を軽減する「LEDランプ」なども装備されています。
エクステリアは、車両全長を抑えて取り回しのしやすいサイズにしながら、室内長を可能な限り広げました。
これはレクサスのアイデンティティーである『ロングキャビンプロモーション』に基づいたもので、ボディーサイズは1785×4700×1505mm(全幅×全長×全高)、室内は1475×1945×1210mm(室内幅×室内長×室内高)。
また、フロントピラーを前に出しながらルーフ後端を徐々に下げるなど、空力性能を向上させる造形を追求した結果、Cd値は0.27を実現しました。

| レクサスの『HS250h』♪♪♪ 遂にハイブリットにも本格的に!!! | レクサス |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

車のリースって知っていますか?? 最近、注目されています♪

JUGEMテーマ:車/バイク


最近はさまざまなクルマの買い方があります。
前回は中古車のオークション代行業を説明させていただいたのですが、今回は最近巷で注目されているマイカーリースの説明です。
特にCMでもバンバン宣伝しているのがオリックス自動車の『いまのりくん』♪♪♪





いまのりくんは、オリックス自動車が販売している車の買い方で、新車を5年間借りる契約するが、2年経過すればいつでも返却できるといった購入方法で、こういった新車販売方法を『自動車リース』と呼びます。
いまのりくんは、車を購入するのではなく借りるという形ですが、いまのりくんで新車を購入しても自分の車とまったく同じように使用できます。(マンション・アパートを借りるといった感じが近いと思います)
それから、いまのりくんのような自動車リースの場合は、レンタカーと違い車のナンバーが一般の車とまったく同じで、車検証上の使用者にもユーザーの名前が入りますから、外観だけでは購入方法の判別はつきません。
さて、いまのりくんが、他のリース契約と大きく違う所は『2年間たてば、車を返却又はそのまま乗リ続ける』といった車をどうするか選べられることです。
ふつうの自動車リースの場合は、リース期間中の返却は認めてはいません、もしも返却する場合、『中途解约金』などの名目で追徴金を計算され請求されます。
いまのりくんの場合は、最低2年間乗れば解约金なしでいつでも車を返却できるといった、普通のリースに見られない特徴を持っているので、一般的なリースに比べて自動車を変えやすいというメリットが生まれます。
いまのりくんなら、『2年間乗れば車を返せる=常に新車に乗り続けられる』と『一定の期間だけ必要な足を確保できる』という新車を短期間所有するといった事が可能となるわけです。

これは一般的な新車の所有方法(新車購入をしたら長期間の所有する)とはまったく逆の買い方です。
ここから先では、いまのりくんのメリット・デメリット・買い方のポイントついてもう少し詳しくアドバイスしていきたいと思います。



では『いまのりくん』のメリットって何でしょう??
いまのりくんは、自分で新車の販売店を選ぶ事ができません、オリックス自動車がどこからか新車を買ってきて用意します、といっても正規ディーラーから車を買っていますので、変なルートや欠陥車ではありませんよ。
これは、オリックスは年間十万台も新車を買うような企業ですから、個人で交渉するよりも、間違いなく安く値段で車を手に入れられます。
いまのりくんは、販売価格が決まっているので、新車の値引交渉といったかけ引きがありません、ある意味、みなさん平等な買い方になると思います(値引きは基本的にはずですが、おまけが欲しい無い〜などのおねだりはしてみるべきと思います)
車の値引交渉が苦手方や、に車詳しくない女性でも不公平のない安心した買い物が出来るのと同じことによねなります。
いまのりくんは、購入時にまとまった出費がない(リースは頭金0円が当たり前)
新車を買う時に気になるのが、『头金(あたまきん)』ではないでしょうか?
『头金0円』で車を買いたいなんて、ちょっとムシが良すぎると感じる人もいるでしょう。
ところがいまのりくんのような自動車リースは『均等払いが原則』なんですね、ですから頭金0円というのは、ごくごく普通のことです。
手元にお金がなくてと尻込みする必要はまったくありません。
実際かなり多くの企業が、『頭金がいらない』という理由で自動車リースを採用しているケースも多いのです。
(新車を購入する場合は、一般的に諸費用消費税などで、購入時に車両本体価格×(15%〜20%)の現金が必要です。

そして2つ目のメリット。
『車は長く乗ることで安く乗れる』わけなのですが、実はこの話、『仕事や結婚して家庭を持った人=自分のライフスタイル固まっている人』、が該当しますが。
学生さん新社会人さん独身のにでは、自分の趣味や生活スタイルがどんどんかわるはずです。
所有する車はその時の用途に合ったものに乗るのが一番理想的です。
近所しか行かないさん四輪駆動の大きな車では意味を持ちませんし、アウトドアが好きなのにセダン系車では、積載性に不満を持ちます。
もしも『いまのりくん』のようなシステムがあれば、もっと違った展開になっていたかも。
生活環境に合わせて車を選ぶ事はとても大切ですが車は安くはありませんからそんな簡単にことは買い換えるできません、車を低コストで変更できるという事はとても貴重なことです。

3つ目のメリットは??
当ブログでは、『車の維持費は年によっても、月々によっても変動する』という説明しています。
ところが、いまのりくんには、初回の車検代オイル回が毎年の自動車税8回エレメント交換3交換が月々の金額に含まれているんですね。
このことで、月々の車の維持費あまり考えなくてもよく、定期的なはオイル交換の時には、車の消耗も確認される(たぶん)はずですから、車の品質も維持され安心して乗る事ができます。
普通の乗り方をしている人なら最初の3年間ほとんどメンテナンスのお金の心配はしなくていいかもしれません。

では、逆にデメリットは何でしょうか??
いまのりくんのいい事ばかりを、ここまで書きましたがいまのりくんもにも、当然デメリットがあるんです。
そのデメリットとは、ズバリ追徴金との合計の支払額はローンよりも多くなるはずということです。
いまのりくん使用後の追徴金は

〇故で車を壊してしまった場合
∩枋蠅茲蠅眤燭さ離を走ってしまった場合(いまのりくんは、月间走行2500キロ以下の商品)

に発生します。
特に、事故で車を壊した場合、修理代はもちろんですが、事故で車が価値が下がってしまった分(评価损=事故落ち)
を支払わないといけなくなります、完璧に直しても事故した車は事故しなった車よりも価値が下がるのが現実なので、『事故したら追徴金は発生する』と考えたほうがいいでしょう。
(いまのりくんに限らず、事故すると価値は下がりますから気をつけましょうね。)
ただ、いまのりくんでなくとも、借りたものはきちんと元の状態にして返すのが普通ですから、これは一般常識という範疇でしょう(住む部屋を借りる契約にています、汚したり壊したりしたら出て似行くときに直しますよね)
いまのりくんで追徴金が出るもう1つのパターンは『想定よりも多い距離を走った場合』つ
も、同様な理由で価値が下がるといった理由で追徴金が発生します。
走行距離が異常に車は、やっぱり車のとしての価値が下がってしまうからです。

さて、予想外の出費を少しでも抑える為の対策は

ー嵶省欷韻貌る(万が一事故をしてもぜめて修理代はカバーできるようにておく)し
長距離は計算して乗る(毎月2500劼料行にとどめる)以内

といった事が必要だと思います。
このことから、走り屋志望やドライブ重視といった、『車にガンガン乗りたい』という人には、いまのりくんあまりオススメできません。
ただ走行距離、月间2,500辧△箸惑間は30,000劼任后
距離が多すぎてピンとこないかもしれませんね。
3万人を一年で走る為には辧毎日80卅行(土日祝365日休みなし)するという計算になります。
80という距離を、全て一般道を走った場合、平均时速50で一度も止まらずにても走っても、大体1時間30分は必要なんです。
これを毎日ですから、仕事でならともかく、プライベートで毎日そこまで走る人は少ないようにがどうでしょう思います??

それと支払い金額のことです。
ローンに比べて合計の支払額が若干高くなるはずで、もうこれはこういった商品なんだと考えるしかないと思います。
(※ただし自動車ローンは、自動車税や車検代オイル交換代などは含まれていません)
絶対的な支払い金額が現金購入やローンでの購入よりも上がるのはしかたないのではないかとそのかわり、途中の税金代や車検代を考えなくてもいいですし、いつも新車に乗っていられるようなメリットもあります。
だたし、購入価格が高くなるのは、新車の値引き交渉でしっかりと目標値引きを引き出して購入した場合の話です。
万が一目標の半分もいかないような値引き額でローン購入したら、ローンの支払利息まで含めて考えると、いまのりくんの方が安くなる場合もあると思います。

とまぁ、簡単ではありますが私なりにリースを分析して説明させていただきました。
現代社会ではクルマの買い方も様々出てきており、従来の中古車屋さんでの購入、オークション代行、マイカーリースなどそれぞれのメリット・デメリットを把握した上で検討されることをオススメします。
あくまで、
『そんな、こと聞いてないよ!!!』
と後で嘆く結果にならないようにした知らべをしておくことが大事です。
少なからず私のブログで少しでも勉強できるようにと書かせていただきました。
是非、参考にしてみてくださいね♪

| 車のリースって知っていますか?? 最近、注目されています♪ | 自動車 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/37PAGES | >>